【吹奏楽】大人気・金管ユニット【New Style Brass!】の魅力《その2》

吹奏楽
スポンサーリンク

こんにちは。
管理人のまっしーです。
こちらは、管理人がおすすめの吹奏楽の名曲・名演をご紹介するブログです。

前回、大人気の金管アンサンブル・ユニットNew Style Brass!の魅力について、『オーメンズ・オブ・ラブ』と『宝島』のめっちゃカッコいい演奏とともにご紹介しました。

まだご覧になっていない方は、ぜひこちら↓を先にご覧いただければと思います。

さて、今回は、皆さまからのご要望にお応えして再び【New Style Brass!】をご紹介します。

前回の記事の投稿後、 管理人は【New Style Brass!】について色々調べたところ、特に気になる人物が1人出てきました。

その人物とは、メンバー7人のうちの1人で、ユーフォニアム奏者の竹森 賢(たけもりけん)さんです。

なぜ気になったかについて、お伝えしていきます。

それでは、早速、、、

スポンサーリンク

ユーフォニアム奏者・竹森 賢さんはここが凄い!

もちろん、演奏が凄いのは言うまでもないのですが、その前に経歴から先にご紹介をしておきます。

Euph奏者・竹森賢さんはこんな方だった!

Twitter情報によると、次のような経歴の方なんですね。

<経歴>

  • 数学科教員 兼 ユーフォニアム奏者 兼 編曲家
  • 略歴:大宮高校→東工大(情報科学)→数学科教員

なんと、数学科の先生でいらっしゃるんです!

しかも、東工大情報科学卒でいらっしゃる!(お名前のとおり賢い!)

私は、てっきり純粋に音大卒のプロのプレーヤーの方だと思っておりました。

実はここまでは前置きであって、管理人が凄いと思ったのは、ここから先です↓。

Euph奏者・竹森賢さんは1人で金管4重奏を吹く!

どういうことかというと、例えばこういうことです↓。

  • 竹森 賢(1st Trumpet)
  • 竹森 賢(2nd Trumpet)
  • 竹森 賢(1st Euphonium)
  • 竹森 賢(1st Euphonium)

なんのこっちゃ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

言葉で説明しても伝わりにくいと思うので、まずは実際に動画でご紹介しようと思います。

『大地讃頌』(演奏:竹森 賢)
参照元URL:https://youtu.be/5aDXbMc9QlQ

いかがでしたか?

マー坊

ああ、「大地讃頌」だ! 懐かしい! 音楽の授業と合唱コンクールでやったもん。

お嬢

驚きのポイントはそこなの?!
竹森さんって、ユーフォ奏者なのにトランペットも吹かれるのね。しかも、トランペットの音がとっても柔らかい! まるでフリューゲルホルンのような柔らかな音色よね。

そうなんです。

この方、竹森賢さんは、ユーフォだけでなくトランペットも吹けて、1人で4役をこなされていたんです!

金管楽器経験者の方ならお分かりだと思うのですが、大きいマウスピースの楽器を吹いている人が小さい楽器のマウスピースの楽器を吹くのって、とっても難しいんです。

普段ユーフォを吹いている人がトランペットを吹くなんて、通常の人にとってはあり得ないくらいのレベルの話なんです。

それを見事にやってのけているし、超絶に良い音色でとってもうまい!

それにしても、大地讃頌は懐かしいですよね。誰もが一度は学校の合唱の授業で歌う曲ですよね。かく言う管理人まっしーもかつて歌ったことがあります。

しかし、大地讃頌を金管4重奏で演奏することも、ましてや1人4役で4重奏を演奏することも、考えたことはありませんでした。

なので、この動画を見たときは本当に驚きました。

実は、竹森 賢さんは、この他にもこうした驚きのチャレンジをされています。

今回はご紹介しきれないので、もし機会とご要望があれば、またの機会にご案内したいと思います。

それではみなさん、また。

タイトルとURLをコピーしました