たなばた/The Seventh Night of July|酒井格の名曲

吹奏楽

こんにちは。
管理人のまっしーです。

新型コロナウイルスの影響で吹奏楽の練習や演奏会活動に制約を受けている方も多いことと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

当サイトでは、吹奏楽のおすすめ&人気の名曲・名演をご紹介しています。

今回取り上げるのは、酒井格(さかい いたる)氏の作品の中で最も人気のある『The Seventh Night of July(たなばた)』です。
吹奏楽経験者なら誰もが知っている超人気曲ですよね! 吹奏楽を始めたばかりの新入部員さんにも特におすすめする名曲ですよ。

マー坊
マー坊

この曲をまだ知らない新入部員さんから、ベテランさんまで、皆が楽しめる名曲だよね

お嬢
お嬢

そうね。七夕の夜の星空をイメージさせるロマンティックなメロディが印象的なのよね

《解説》たなばた(The Seventh Night of July)とは

この曲の正式なタイトルは、英語で『The Seventh Night of July』ですが、一般的には『たなばた』と呼ばれています。当ブログでは以下、『たなばた』と表記します。

高校生による作品!

たなばた』が作曲されたのは1988年のことで、驚くことに、その当時、作曲者の酒井格氏はまだ高校生でした。
酒井氏は、高校では吹奏楽部に所属していたそうです。なんだか身近に感じますね。
それにしても、高校生でこれほどの名曲を作曲されたという才能には本当に驚かされます。

『たなばた』ってどんな曲?

たなばた』は、酒井格氏のデビュー曲であり、同氏の作品の中で最も人気のある魅力的な作品といえます。

この曲の冒頭は、管楽器のゆっくりとしたメロディで始まります。まるで夜空に天の川がゆったりと流れるかのように。

しかし、その直後にアップテンポに切り替わります。
初めて聴いた人でも耳と心に残る印象的な主題です。このあとに続く金管・木管・弦打楽器のtuttiは、颯爽としていて、演奏する側にとっても、聴く側にとっても、心地よいものです。

時々、グロッケンの高音が響くのですが、まるで流れ星がキラッと輝く光景を表しているようで、効果的な使われ方が印象的です。
まさに『七夕』という感じがします。

曲名は、いかにも日本的な『たなばた』ですが、この曲は海外でも演奏され評価されており、日本人に限らず海外の人にとっても魅力的なのだということが分かります。

それではここで、おすすめの演奏動画を2つご紹介します。

プロによる演奏を聴きたい!

今回は、プロによる『たなばた』の演奏を2つご紹介します。

どちらの演奏もそれぞれ特色があって魅力的です。

プロによる演奏①(Pro WiND 023)

最初にご紹介するのは、「PRO WiND 023」による演奏です。
さすがプロの演奏だなあ!と思える素敵な演奏です。

マー坊

PRO WiND 023の演奏は、いつもすごく良いよね。山形にゆかりのあるプロ演奏家の皆さんです。

参照元URL:https://youtu.be/m1Xk9z7Ihoo
お嬢

やっぱりプロの方々の演奏は上手だし、聴き惚れるわよね

マー坊
マー坊

スマホのスピーカーで聴くより、ヘッドホンやイヤホンで聴くのをおすすめするよ


プロによる演奏②(東京佼成WO)

次にご紹介するのは、「東京佼成ウインドオーケストラ」による演奏です。

やはり、プロの演奏といえば、伝統ある名門吹奏楽団「東京佼成ウインドオーケストラ」の演奏は気になりますよね。やっぱりプロの演奏はさすがです!

参照元URL:https://youtu.be/hcGCo5xF5gQ

編成と難易度(グレード)

編成と難易度(グレード)は、以下のとおりです。

グレードについては、「5」と少し難易度が高くなっているのですが、個人的には「4」に近い「5」と感じます。確かに、部分的には難しい場面もあるのですが、中学生でも十分演奏できる曲だと思います。

編成とグレード(たなばた)

<編成>
Fl.1-2 / Fl.3/Picc. / Ob. / Bsn. / Eb Cl. / Bb Cl.1-3 / Eb A.Cl. / B.Cl. / A.Sax.1-2 / T.Sax. / B.Sax. / Trp.1-3 / Hrn.1-4 / Trb.1-3 / Euph. / Tuba / Timp. / Perc.1-5(Casta.、Glock.、Xylo.、Tri.、W.blocks、Tamb.、S.D.、Cym.、Whip、S.Cym.、B.D.)

<グレード>
5(あくまで目安です)

参考文献:ブレーン・オンライン・ショップHP


ソロのあるパートは?

主なソロパートは以下のとおりです。
ソロのほかにも、ソリやアンサンブルの部分も多数あり、多くのパートが楽しめるものと思います。

主なソロパート
  • アルトサックス、ユーフォニアム、トランペット、フルート、トロンボーン
マー坊

沢山のソロパートがあるけれど、僕はアルトサックスとユーフォニアムのソロが好きだな

お嬢

アルトサックスのロマンチックなソロのメロディと、ユーフォニアムの対旋律が素敵よね

マー坊

皆さんはどのソロが好きですか?


吹奏楽コンクールでの採用実績は?

幅広い世代から支持を集める人気の名曲ですが、コンクールでの演奏実績はどうなのでしょうか?
以下は、県大会における採用実績です(小中高大職場一般部門の合計)。

1994年に5団体が初めてコンクールで演奏し、2013年に33団体が演奏したのをピークに、その後は徐々に減少傾向にあります。

グレードが「5」と高い曲であるにもかかわらず中学の部での採用が多いのですが、高校や大学などの部門でも演奏されており、幅広く長く人気が続いていることが分かります。

吹奏楽コンクールデータベース「Musica Bella」へのリンク


CDのご紹介

最後に、東京佼成ウインドオーケストラによるCDを1枚ご紹介します。
このCD↓は、『たなばた』に加えて、『アルヴァマー序曲』『フェスティバル・ヴァリエーション』『ディスコキッド』『風紋』などの名曲が計11曲も収録されていてお得感満載なので、とてもおすすめですよ。


東京佼成ウインドオーケストラの演奏については、Amazonで一曲購入もできます。


楽譜のご紹介

楽譜をご紹介しておきます。スコアのみでも購入可能です。


いかがでしたか?

マー坊

やっぱり「たなばた」って名曲だよね。

お嬢

そうよね。私はこの曲のキラキラとして駆け抜けるような感じがとっても好き

そうですよね。

「七夕」の星空みたいに、きらきらと輝くような演奏がしたいものです。

皆さんの『たなばた』が素敵な演奏になりますように。

では、また次回の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました